遺品整理の方法をご紹介

2021年10月14日

大阪の遺品整理業者を紹介!

ポムポムプリンですこんにちは。

今回は、大阪の遺品整理業者を紹介したいと思います。

最近は高齢化が進み、遺品整理をする方も増えています。

しかし、空き家問題が深刻化しているように、遺品整理をするにも遠方に住んでいたり、時間が取れなかったりと遺品整理に悩む方は少なくありません。

そこで、おすすめなのが遺品整理業者の利用です。

今回は、大阪の遺品整理業者や遺品整理業者の選び方をご紹介します。

この記事を読めば、遺品整理の悩みが解決すること間違いなしです。

大阪の遺品整理業者の選び方


まず、大阪の遺品整理業者の選び方をご紹介します。

遺品整理業者を選ぶポイントは主に以下の5つです。

・遺品整理士が在籍しているか
・訪問見積もりを行っているか
・見積もり書が丁寧か
・スタッフの対応が丁寧か
・営業許可や資格を取得しているか

1つずつ見ていきましょう。

遺品整理士が在籍しているか


遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が認めている資格です。

遺品整理に関する知識を持つ人に与えられるもので、資格を取得するには講座を受ける必要があります。

実は、遺品整理業者の中には遺品整理士という資格を持たずに営業しているところもあります。

しかし、遺品整理に関する知識が少なく、遺品を雑に扱われたり、希望通りに作業してもらえないといったトラブルもあります。

ですから、遺品整理士が在籍している業者に依頼することが大切です。

訪問見積もりを行っているか


遺品整理業者を選ぶときは、訪問見積もりを行っている業者に依頼しましょう。

遺品整理は遺品の量や、お住まいの環境に応じて料金が変動します。

なぜなら、必要な人数や作業時間が変わるためです。

公式サイトに掲載してある料金はあくまで目安なので、見積もりをとると金額が前後することも多いです。

訪問見積もりを行っていない業者に依頼すると、法外な金額を請求される可能性があります。

そのため、しっかりと訪問見積もりを行っている業者に依頼することが大切です。

見積もり書が丁寧か


訪問見積もりを依頼するときは、見積もり書の記載に目を向けましょう。

せっかく見積もりをしてもらっても、どの作業にいくらかかるのかわからなければ業者間で比較できません。

また、曖昧に記載されている場合は、金額を適当につけられている恐れがあります。

遺品の買取を検討している場合は、その業者に依頼できるか見積もりを取るときに尋ねておきましょう。

見積もり時に追加料金が発生するタイミングについても聞いておくと、後で料金トラブルに発展する可能性が少なくなります。

スタッフの対応が丁寧か


遺品整理業者を選ぶときはスタッフの対応が良いかも重要です。

遺品整理業者の中には、これから処分する遺品を適当に扱う業者もいます。

亡くなられた方の大切な遺品を雑に扱われるのは悲しいですよね。

電話や見積もりの対応で、スタッフの説明や言葉遣いに問題がないか確認しましょう。

ホームページの口コミや実績を調べておくと安心です。

営業許可や資格を取得しているか


営業許可や資格を取得しているかも重要なポイントです。

先ほど遺品整理士について記載しましたが、他にも古物許可商や廃棄物収集運搬業許可といった許可を取得しているか確認しましょう。

許可を取得していない業者は、悪徳業者の可能性があります。

料金の安さにつられることがないよう、会社の許可や資格を調べておきましょう。

大阪でおすすめの遺品整理業者


続いて、大阪でおすすめの遺品整理業者をご紹介します。

私が実際に利用してみて、丁寧に対応してもらえた業者だったのでぜひ参考にしてくださいね。

善クリーニング


遺品整理の善クリーニング

善クリーニングは遺品の仕分けから供養まで完全サポートしてくれる遺品整理業者です。

遺品整理をすぐに進めなければいけない時でも最短即日で依頼できます。

遺品整理士が在中しており、遺品整理に関する悩みを親身に聞いてもらえます。

現時点で、遠方で生活していて立ち合いが難しくても対応してもらえます。

細やかな要望を柔軟に対応してもらえるのが魅力です。

遺品整理以外にも特殊清掃や遺品の買取、供養を行っています。

大阪を含む全国1都25府県で遺品整理サービスを提供している大手遺品整理業者なので、初めての利用でも安心です。

大阪の遺品整理業者まとめ


大阪で遺品整理業者を選ぶ方法やおすすめの遺品整理業者をお伝えしました。

遺品整理は精神的にも身体的にも大変な作業です。

遺品整理業者を活用し、少しでも負担が軽くなれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
  


Posted by ポムポムプリン at 16:00Comments(0)